Startseite
  Über...
  Archiv
  Gästebuch
  Kontakt
 

  Abonnieren
 


 
Letztes Feedback
   24.04.14 17:25
    Wholesale ray prohibitio
   6.06.14 01:53
    rob lauren children wall
   31.07.14 20:27
    Get Cycling tops Low cos
   17.11.14 12:48
    Foto Di chanel coco forn
   29.11.14 05:49
    Mulberry Shop London mul
   20.12.14 07:05
    ugg????? uggpifa.org qq

http://myblog.de/abcokok

Gratis bloggen bei
myblog.de





 
必見!陰陽五行的パワース

」 「私が速い? ぷっ、アハハハハ!」  女が大きな声で笑い始めた。どうやら、何かがかなりツボだったらしい。モンクレール 楽天 「確かにまあ私も速い方だけどねそれ以前にアンタが遅すぎよぉ、ネコちゃん!?」 「なんだと?」  血相の変わるニアと、へらへらしている女が対照的な構図だった。明らかに女にはまだ余裕がある。 「で、時間稼ぎはもういいかい? ベルノー」 「充分じゃ」 「! しまった!」 《炎(ファイアー)の障壁(ウォール)》  魔術を詠唱する声と共に、脱出路を塞ぐように炎の壁が出現する。かなり広域かつ高さのある炎の壁である。これでは、もはや南側には脱出できない。  アルフィリースもミランダも、ニアの戦いに見入った事を悔いたが、もう遅い。 「お主たちはそのネコ娘を囮にして脱出すべきじゃった。判断ミスじゃな」 「ち、じゃあ後ろに」 「多分無理だと思います、ミランダ」 「ゴフー!」  いつの間にか背後には手に大きな斧を持った、全身鎧づくめの巨漢が仁王立ちしている。 「リサ、これも接近が速すぎたの?」 「いえリサのセンサー能力が上手く働かない? なぜ」 「ワシが魔術で邪魔しておるからのう」  魔術士風の、おそらくは初老であろう男が答える。フードですっぽり顔と全身を覆っており、詳しい様子や表情は見られないが。だが、ミランダの判断は早かった。 「アルフィ、あの魔術士をやりな。そうすれば炎の壁も消えるはずだ。アタシは後ろを片づける」 「オーケー!」  言うと同時に二人は斬りかかっていくが、 「妥当な判断じゃが、作戦は相手の力量を見て立てることじゃな」モンクレール 買取 「?」 「お前の相手は俺だ」  横から飛び出した黒い塊に、アルフィリースはとっさに剣で防ぐ態勢に入った。通常なら斬り払うのだが、本能が守れと告げていた。 ギィィィン!  鈍い音が響いたかと思うと、アルフィリースは奇妙な浮遊感を覚えた。それもそのはず、体が後ろに吹っ飛ばされたのだ。そのまま5m程後ろの壁に叩きつけられる。 「ぐっ!?」  受け身をとる暇もなく壁に叩きつけられ、衝撃で一瞬呼吸ができなかった。が、それでも目線は反射的に自分に斬りつけてきた黒い塊に向く。戦場で敵から目を離せば斬ってくれと言っているのと同じことぐらい、アルフィリースも理解している。だが視界に入ったのは悠然と大剣を構えなおし、全く仕掛けてくる気配のない男であった。かなり大柄な剣士であり、きちんとした黒い鎧に身を包んでいる。どこかの騎士ではなかろうかとも思える風体だ。 「ほう? 女だてらに俺の剣を受けきるとは」 「なんで追撃してこないの?」 「その必要はあるまい。お前と俺では力量に差がありすぎる。それがわかる程度には強いだろう?」 「馬鹿にしてるの!?」 「さあ、どうかな」  アルフィリースにしては珍しく激昂した。完全に舐められたと思ったのだ。これほど屈辱的な扱いは、旅を始めてから初めてだった。アルフィリースは、元々がそれほど気が長いともいえない性格である。呪印を解放して、この男を吹き飛ばしたいと思う気持ちを制止するので精一杯だった。  一方、この男が斬りかからなかった事にもわけがあった。確かに舐めてもいたのだが、戦いが不意打ち一発で終わっては面白くないとも思っていたし、加えて何かがこの女に対して剣を打ちこむことをためらわせた。おかしな話だが、打ちこみにいけば死ぬのは自分のような気がしたのだ。圧倒的優位なのは自分であり、目の前の女は手が痺れて剣もろくに握れない状態だろうことは、容易に想像できたのだが。 「(たかが女に臆 http://www.tyczp.com
5.10.13 11:22
 


Werbung


bisher 1 Kommentar(e)     TrackBack-URL


??ugg / Website (20.12.14 07:05)
ugg????? uggpifa.org qq:6135682 http://v.yupoo.com/photos/qq8972235/albums/ugg??
??ugg http://v.yupoo.com/photos/qq8972235/albums/

Name:
Email:
Website:
E-Mail bei weiteren Kommentaren
Informationen speichern (Cookie)



 Smileys einfügen



Verantwortlich für die Inhalte ist der Autor. Dein kostenloses Blog bei myblog.de! Datenschutzerklärung
Werbung